地域ケアネットワーク ゆいまぁる
>
法人案内
>
研修・育成
>
研修
>
全体研修

全体研修

 

全体研修(年1回職員全員参加)

 

2018年2月23日

『命の言葉・それが失語症の群読です』

≪講師:渡辺鋼さん、失語症友の会「若竹」の皆さん、

言語聴覚士 相馬肖美先生≫

≪場所:中央地区センター 参加者:64名≫

≪軽食≫主食に東京都の災害備蓄米を使用し、おかずはゆい   まぁる食事サービスに依頼

 

今回は、ゆいまぁる初となる”当事者の方を招いての研修”でした。

『若竹』の皆さんによる”群読”、相馬先生の”失語症について”の講義、最後は全員での合唱と盛りだくさんの内容でした。

職員も当事者の声が聴ける機会とあり、熱心に聞き入っていました。

 

終了後のアンケートでは参加した64名全員が「今回のテーマに関心が持てた」という回答。

  • 「群読を通じて当事者の方の心が痛切に伝わってきた」
  • 「思いに寄り添い、待つことの大切さがわかった」
  • 「病気のこと、コミュニケーションの取り方などを学ぶことができた」

などの感想が寄せられました。

 

 

   
『若竹』のみなさん   言語聴覚士の相馬先生   質問・感想発表のコーナー

 

 

2016年11月18日

こころのセルフケア

≪講師:国立精神・神経医療研究センター病院

専門看護室室長 精神看護専門看護師 熊地美枝先生≫

≪場所:南部地域センター  参加者:63名≫

 

産業医の角先生にも来ていただき、熱心に演習と講義が行われました。

グループワークで楽しい意見もたくさんでました。

 

 

 

 

 

   

 

 

2015年11月13日

『ストレスをためないようなコミュニケーションスキルとは~よりよい職場をつくりたい~』

≪場所:中央町地区センター 参加者:73名≫

 

2015年12月から、職場でのメンタルヘルス対策として労働者の心理的な負担の程度を把握するストレスチェックを1年に1回以上行うことが義務化されます。ゆいまぁるでは来年の9月に行います。それに先立ち、産業医・角泰人先生(石橋クリニック)を講師に迎え、グループワーク形式で研修会を行いました。

 

職員からは、

「人によって同じ事でも感じ方が違うんですね」

「身近な問題として考えさせられました」

「普段接点の無い他部門の方とコミュニケーションをとれる良い機会でした」

 

等の感想がありにぎやかな研修会となりました。

2015年2月25日

『ゆいまぁるの今』

≪場所:市民プラザ 参加者:96名≫

 

仕事の場における自分達の「今」を切り取ることで、日々の業務や、大切にしている思い、ゆいまぁるの理念…そういったものを、もう一度考えて学びなおす機会としたい。そして、10年後の自分達や新しい職員にむけて今の私たちの姿を伝えたい。そんな想いを今回の研修会に込めて開催しました。

研修後ゆいまぁる15周年・ゆいまぁるはちまん5周年の記念式典を行いました。

 

 

2014年3月25日 『仕事が感動につながる時』部門ごとの発表
2013年4月19日

『この地域で、安心して、さいごまで…』

講演者:「NPO法人配食サービスたらの芽」岡崎なつ子代表

2012年3月31日 『チームワークを考える』講義と体験ゲーム
2010年3月14日 『高齢者虐待について-発見・防止・家族支援-』講演者:高齢者権利擁護支援センター
2007年3月30日

『高齢者虐待防止への対応に学ぶ』講演者:清瀬市高齢支援課

『サービス事業の幅広い支援により生活意欲が向上している事例』ケアマネ部門事例発表

 

ページ上部へ

 

 

集合研修会

 

2016年1月29日

≪場所:本町1階会議室 参加者:41名≫

『異和感の対自化 ~感情を手掛かりにケアに生かす~』

 

「異和感の対自化」とは、ちょっと嫌な感じがした場面を振り返り、言葉にしてみることで、自分と相手の心の動きやその時の状況について理解を深める方法です。

講師として、熊地美枝さん(国立精神・神経医療研究センター病院・精神看護専門看護師)をお呼びして研修会を行いました。

「自分の気持ちの整理になった」「感情をぐっと溜め込まないで言葉にすることで状況が変わることがわかった」等の感想があり、感情労働と言われるヘルパー職にとって、大切なコミュニケーションスキルを学べる研修となりました。

 

2014年11月29日

東久留米消防署

『緊急時の対応研修 ~AEDを中心に応急救護を学ぶ~』

 

2014年1月31日

成美会館大研修室

■第一部『自転車安全運転講習』

■第二部『感染症対策研修』

 

ページ上部へ

 

 

 

このページの先頭へ